がん保険について

いくら位(どのプラン)のがん保険に入ればいいの?

TVやラジオ、インターネットの広告なんかで、「安心のがん保険」なんて言葉をよくお聞きになられたり、ご覧になら れたりされている方は多いハズです。
「え?入院保険とか、医療保険とか、通院保険なんて保険をよく聞くけど、 要は、病気になったら給付金が支払われる保険なんだから、どれも同じじゃないの?」 と思っておられる方も多いはず。でも、本当に申し訳ございません。
別です。

がん保険とは、書いて字のごとく 「がんの保険」の事なんです。

がん保険とは

いくら位(どのプラン)のがん保険に入ればいいの?

「ややこしくて分からない。がんになった時、いくらの給付金がもらえるプランに申し込めばいいの?」
こんな質問をよく受けます。
そうですよね。いつ、どのタイミングでがんになるか分かりませんし、がんの進行具合によっても治療法が異なる事が多いようなので
その時になってみないと分からない。というのが本音ですよね。
しかし、そういった「わからない不安」をできるだけ、カバーできる仕組みにしているのが、がん保険です。

そこで、例を挙げてその仕組みをご説明させていただきます。

がんと診断された時、100万円がもらえるプランの保険に加入しているとします。

※ AさんもBさんも年収約370万円~約770万円であり且つ70歳未満の場合。

いくら位(どのプラン)のがん保険に入ればいいの?
  • Aさんは
    がんの発見が早かった為、高額療養費制度庇護のもと、
    給付金100 万円の中で治療が完了いたしました。
    その後A さんは、軽自動車を購入したそうです。
  • Bさんは
    がん発見時、少し症状が進行していた為、高額療養費制度庇護のもと、
    (はじめは87,430 円、4 ヶ月目以降は、44,400 円)
    現在も治療中です。
    治療中(通院中)である為、仕事にいけなく、収入が減り、
    又、いつまでつづくかわからない。ここがとても不安です。


がん保険には、 2 つのパートがあります。

Part 1 みんな平等に一律で
がんと診断された時にまず受け取る軍資金のことを診断給付金といいます。 役割は、がんと戦う心の戦闘態勢を整えます。
Part 2 治療に応じて継続的に
がんの治療は長期化傾向にありますが、だからといって実際の治療日数事態は、 それほど多くないのが特徴です。
今後は、入院、通院の日額だけでなく、継続される治療の事実に対して、 給付を支払われるプランにすることが長期戦に備えるポイントかもしれません。

保険の相互扶助の精神をつらぬいた保障内容でご案内させていただいております。

がん保険の本当の意味

いかがですか? がん保険は、がんに特化した保障内容となっております。

医者からがんを宣告されると、治療する手段はあるけれど、治療費が高い場合がある。 副作用の心配がある。治る保障がない。時間がかかる・・・ 等々マイナスのイメージばかりが頭に浮かび「生きる」という 気力を失ってしまう事もあるようです。

がんと闘う時、大きく分類されるのは、体力(精神)面と経済面ですが、 やはり経済面の所の負担が大きいことは否めません。 がんになってしまうと、治療に専念する為、働けなくなる事もあります。 働けなくなるという事は収入の減少に繋がります。 それらが重なり生きる気力を失ってしまう事もあります。

がん保険の本当の意味

ここがpoint!

がん保険には、がんと闘っておられる方を経済面で支援し、治療費についての心配をやわらげるという働きがありますが、
がん保険の本当の意味は、治療費の心配をやわらげる事で精神面のストレスを解消し、
治療に専念していただける環境を整えることなのです。
環境づくりを行うことが「がんと闘う気力」を持っていただく効果に繋がります。

保険について詳しく見る
topへ戻る