セカンドオ・ピニオンとは?

風船アイコン

患者様が納得のできる治療を選択できるように、治療の進行状況や次の段階の治療について現在診療を受けている担当医とは別に、違う医療機関の医師に「第2の意見」を求めることです。セカンド・オピニオンを受けることで、全く別の角度の意見を聞くことが出来たり、もし、同じ意見がでたとしても病気に対する知識や理解が深まることもあります。また、別の治療法が提案された場合は選択の幅が広がることになり、より納得のいく形で治療に臨むことが出来ます。

鳥アイコン

セカンド・オピニオンと転院・転医とは異なるものです。セカンド・オピニオンはあくまで、「第2の意見を聞く」ということです。なので、初めから担当医師を変えたいとお考えの方は転院・転医となります。セカンド・オピニオンを受けることは、先にも述べたように病気に対する知識や理解を深め、自分にとって最善の治療法や自分と合う医療機関を「探す」ということです。

風船アイコン

セカンド・オピニオンを受けた後は、必ず今まで受けていた医師に、意見が変化したのかを伝えた上でもう一度、今後の治療についての相談をしましょう。基本的にはセカンド・オピニオン先の病院で治療を受けることになった場合には、改めてこれまでの治療内容や経過などを紹介状などで引き継ぐ事になります。なので、セカンド・オピニオン先で治療を受けたくなったからと言って、勝手に治療先を変更することはできないのでご注意下さい。治療はセカンドオピニオン先の病院で行い、紹介元医療機関では治療後の経過観察を行う場合もあります。複数の医療機関と治療を円滑に進めるためにも、しっかりと両方の医師に相談することが大切となるのです。

鳥アイコン

  • 担当医の診断と治療方針をしっかりと受けましょう。

  • セカンド・オピニオンを受けたいと担当医に伝えて、紹介状を受け取りましょう。

  • 紹介状を元に、希望先の医療機関へセカンド・オピニオン外来に申し込みをしましょう。

  • これまでの担当医のお話や、さらなる疑問点や気になる点をある程度まとめ、自分の希望や聞きたいことを伝えましょう。

  • セカンド・オピニオンを受けたら、担当医に必ず報告し、今後の事を相談しましょう。

topへ戻る